ごぼう茶の飲み方

ごぼう茶の飲み方について

ごぼう茶の飲み方はそこまで難しいというわけではなく、市販で販売されている製品であれば簡単ですし、飲みたい時に飲むことができます。

 

しかも、夏場はアイスで冬場はホットでというように、自分の好みによって変えられるというメリットがあるのです。

 

そこで、このページでは、具体的にどのような飲み方をすれば、ごぼう茶をより美味しく頂けるのか説明しているので、是非参考にしてみてください。

 


急須に入れてお湯を注ぎ淹れる

急須に入れてお湯を注ぎ淹れるという方法が、ごぼう茶の一般的な飲み方となっております。

 

煎茶などと同じ方法なので自宅で簡単に飲むことができますし、冬場は冷え性の症状を少しでも和らげるためにも、ホットで飲んでいくのがベストです。

 

ごぼう茶を飲む度にお湯を沸かさなければならないというデメリットがあるものの、湯沸しポットなどを持っている家庭であれば、面倒だと感じることはないでしょう。

 

通販で販売されている製品で飲む場合、メーカーによって異なるのですが、1包をポットの中に入れて約200cc程度のお湯を注いで蒸らせば美味しいごぼう茶の出来上がりです。

 


ヤカンで煮出して飲む

ヤカンで煮出して飲むという方法も、ごぼう茶の美味しい飲み方の一つとなっており、既に実行しているという方はいらっしゃるはずです。

 

麦茶になれた日本人であれば、この方法は慣れ親しんでいるはずですし、ヤカンにお湯をたっぷりと沸かしてごぼう茶を淹れるだけなので、難しいと感じることはありません。

 

しかも、この飲み方はグツグツと煮出すことによって、サポニンといった成分がより多く抽出されるため、他の方法よりもたくさんの栄養分を体内に取り入れることができます。

 

特に、サポニンは体内の悪玉コレステロールを排出し、ダイエットのサポートをしてくれる素晴らしい成分なので、ヤカンで煮出して飲むのが最適な方法なのです。

 


ロックで飲む

2倍の茶葉を入れて出した濃いごぼう茶の中にたくさんの氷を入れて、ロックグラスをマドラーで軽く混ぜて飲むという飲み方も美味しい方法の一つとなっております。

 

夏場に熱いごぼう茶を飲むというのは意外と辛いことなので、アイスで飲むのが良いというのは間違いないでしょう。

 

ごぼう茶は、ホットで飲んでもアイスで飲んでも、栄養分が破壊されるという心配はないので、季節に合わせて調節できるというわけです。

 

 

 

さて、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶も、上記のような方法で飲んでいくことができます。

 

ティーバッグタイプの製品なので、簡単に飲むことができますし、自宅でペットボトルに入れれば持ち運びも可能なので、是非山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を購入してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

 


「ごぼう茶の作り方」に関するページ