ごぼう茶と味噌汁

ごぼう茶と味噌汁について

ごぼう茶を使ったレシピは健康や美容に良く、豊富な栄養分を取り入れられるということで、現在では多くの女性から注目を浴びております。

 

ミネラルや食物繊維など、ごぼう茶の中には豊富な栄養素が含まれているのですが、ただ飲んでいるだけでは飽きてしまうかもしれないので、味噌汁として飲むのがおすすめです。

 

普段の料理で使用する味噌汁の中にごぼう茶を加えることにより、ごぼうの栄養素と味噌汁の具材の栄養素をバランス良く摂取していくことができます。

 

もちろん、ごぼう茶だけでも香ばしくて美味しいのですが、医薬品ではなく健康食品のようなものなので、直ぐに効果が現れるということはなく、長期的に摂取していかなければなりません。

 

そのため、「アイスで飲む」「ホットで飲む」「味噌汁の中に入れて飲む」というように、幾つかの方法を駆使していれば、より楽しくアンチエイジングやデトックスが期待できるというわけです。

 

実際に、ナグモクリニックの総院長である南雲先生は、ごぼう茶を飲み続けることによってメタボを解消し、身体の内側から綺麗になって60歳手前なのにも関わらず、見た目は30代という美貌を手に入れることができました。

 

それも全てごぼう茶による効能で、体内の老廃物や水分を排出してくれる成分が含まれているため、身体の内側から綺麗になれるのです。

 

そこで、ごぼう茶を使った味噌汁の作り方ですが、まずは「ごぼう茶」「玉ねぎ」「油揚げ」「水」「ネギ」「味噌」といった具材を用意しましょう。

 

そして、玉ねぎと油揚げ、ネギを食べやすい大きさにカットし、鍋の中にこれらの具材を水と一緒に入れて玉ねぎを柔らかくなるまで煮ていきます。

 

そして、ごぼう茶と味噌を溶き入れて沸騰する直前に火を止めれば完成で、簡単に栄養素がたっぷりの味噌汁を飲むことができるのです。

 

これらの食材を選んだのは、玉ねぎには硫化アリルと呼ばれる成分が含まれており、血液の流れをサラサラにして高血圧を予防したり、油揚げにもコレステロールの数値を低下させるグリシニンが含まれているというのが大きな理由となっております。

 

日本人が昔から慣れ親しんでいる味噌は消化吸収が優れており、アミノ酸やミネラル、酵素といった栄養素がたっぷりと含まれているのです。

 

以上のように、ごぼう茶を使った味噌汁を毎日の生活に取り入れれば、美容と健康を今以上に促進できることは間違いありません。

 

もちろん、市販で販売されているごぼう茶を使うことも十分に可能なので、このサイトでご紹介している自然の食材で作られた山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を購入してみてください。

 


「ごぼう茶の作り方」に関するページ