ごぼう茶と茶殻

ごぼう茶と茶殻について

ごぼう茶の中には豊富な栄養分が含まれており、食物繊維やミネラル、少量ですがビタミンまで配合されております。

 

このごぼう茶を飲むだけでも健康になれるものの、煮出したごぼう茶から取れる茶殻にも不溶性食物繊維が入っており、便秘の解消に役立つので料理に加えてみるべきです。

 

茶殻をサラダに加えて食べたり、茶殻に納豆やオクラを加えてヘルシーな料理を作ったりと、色々なレシピが考えられます。

 

野菜のごぼう自体にたくさんの栄養素が詰まっているので、ごぼう茶だけではなく茶殻も食べるようにしていれば、健康と美容を気遣えるということはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

汁物の中の具材に入れたり、和え物に加えたりといった食べ方もできるのがごぼう茶を煮出した後に取れる茶殻なので、捨てずに毎日の料理の一品として付け加えるべきです。

 

もちろん、市販で販売されているごぼう茶を飲むという場合は、粉末タイプやペットボトルタイプであれば茶殻は発生しないものの、自宅でオリジナルのごぼう茶を作っているという方は茶殻が出てきます。

 

この茶殻に含まれている栄養分もしっかりと摂取していれば、乱れた食生活のサポートをしてくれるはずですし、健康的になれるだけではなく、若返り効果も得られるので美容に最適なのです。

 

とは言え、いちいち自宅で野菜のごぼうからお茶を作るのが面倒というのであれば、通販で販売されており愛飲者が増えている山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

既に10万人以上の愛飲者を突破した有名商品となっているので、健康茶を毎日の生活に取り入れたいという方は山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼう茶を飲んだり、煮出した後に発生する茶殻をそのまま料理に加えて食べることによって、私たちの健康をしっかりとサポートしてくれます。

 

医薬品というわけではないので、直ぐに身体に変化が生じるというわけではありませんが、「便秘に悩まされにくくなった」「ダイエット効果を高められた」「お肌のコンディションが良くなった」「髪の毛にツヤが出た」という口コミを得ているのです。

 

実際に、身体の内側から老廃物や余分な水分を排出し、綺麗な状態を維持してくれる成分がごぼう茶の中には含まれているので、アンチエイジングに繋がるということは間違いありません。

 

上記でご紹介した山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を監修している南雲先生は、60歳手前であるのにも関わらず、肌年齢38歳、血管年齢27歳、骨年齢29歳という美貌をごぼう茶で得られたみたいなので、是非飲んでみるべきです。

 


「ごぼう茶の作り方」に関するページ