ごぼう茶とアク抜き

ごぼう茶とアク抜きについて

ごぼうを食べる際にアク抜きを行うという方がいらっしゃいますが、実はアク抜きをせずに皮ごと使用するのが良いと言われております。

 

これは、自宅でごぼう茶を作る場合も同じで、ごぼうに含まれている健康パワーを取り入れるためには、調理の仕方に注意しなければならないのです。

 

もし、アク抜きをしてごぼう茶を作ると、ポリフェノールの一種であるサポニンやクロロゲン酸、水溶性食物繊維のイヌリンといった栄養分が流れ出てしまいます。

 

サポニンは身体の内側から綺麗にしてくれますし、クロロゲン酸には脂肪肝や糖尿病を予防するという素晴らしい効能を持ち合わせているのです。

 

つまり、アク抜きをしてからごぼうを食べたり、皮を剥いてから食べたりしていると、身体に良い成分を捨てていることになるので、十分に注意しなければなりません。

 

ごぼうを調理するために水に晒している段階で、だんだんと茶色く濁ってきますが、これは身体にとって無駄な成分というわけではなく、有効成分の一つであるポリフェノールなどが溶け出しているからなのです。

 

「アク抜きをせずにごぼうを摂取して大丈夫なの?」という不安を抱える方はいらっしゃるものの、しっかりと天日干しをしてフライパンで炙ってごぼう茶を作っていれば全く問題はないでしょう。

 

もし、自分で野菜のゴボウからごぼう茶を作るのが面倒だと感じているのであれば、通販で販売されている山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶はアク抜きをせずに作っており、身体に欠かせない有効成分が凝縮された飲み物なので、美容と健康を促すためにも一度飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼうに限らず、リンゴやミカンといった果物の皮にも多くの有効成分が含まれているので、実は皮ごと食べた方が健康的に大きな効果が期待できます。

 

ごぼうの皮を剥いてしまうだけで、ごぼう茶を飲んでも大きな効果が得られなくなってしまうため、アク抜きせずに調理をしなければなりません。

 

「アクは身体に有害だ」というイメージを持っている方が多いのですが、これは決して間違いではなく、キュウリといった葉物の野菜に含まれている蓚酸(しゅうさん)と呼ばれるえぐみが大きな原因です。

 

少量であれば問題はないものの、大量の蓚酸を摂取すると身体に悪影響が引き起こされるかもしれないので、アク抜きをしなければならないと考えられております。

 

しかし、ごぼうの中には、このえぐみの蓚酸は含まれていないため、ごぼう茶を作る時もアク抜きをしなくても良いのです。

 

そのため、皮の中に含まれている栄養素を逃がさず、全てを体内に取り込めるように、アク抜きをせずに残しておくようにしましょう。

 


「ごぼう茶の作り方」に関するページ