ごぼう茶の作り方

ごぼう茶の作り方について

アンチエイジングに欠かせないと言われているごぼう茶は、市販で販売されている製品を購入して飲むこともできるのですが、自宅でオリジナルのものを作ることができます。

 

ごぼう茶の作り方はそこまで難しいというわけではなく、素人でもやり方さえ把握すれば、簡単に美味しいごぼう茶を作って飲むことができるのです。

 

ごぼう茶の作り方として、最初にスーパーで販売されているごぼうを用意し、タワシを使って擦り洗いを行い、表面に付着している泥を綺麗に落としていきます。

 

基本的にどんな種類のごぼうでも良いものの、国産のごぼうであればより美味しくて安全なごぼう茶ができるでしょう。

 

この際に、皮は剥かずにそのまま使用するのですが、これはゴボウの皮の部分にサポニンと呼ばれる栄養素が含まれているからで、それを取り入れなければ大きなアンチエイジング効果を発揮させることができないのです。

 

次に、ピーラーといったグッズを使ってごぼうをささがきにして、水で綺麗に洗っていきます。

 

この手順の際も、栄養成分が逃げてしまうのでアク抜きをする必要はありませんし、水に浸しすぎていると栄養分が抜ける可能性が高いので、ゴシゴシと洗わないように注意が必要です。

 

その後、季節により乾燥までに掛かる時間は異なるものの、半日程度天日干しにして、ささがきにしたごぼうを乾かし、水分が抜ける程度が目安となっております。

 

「冬場で天日干しに時間がかかるし、もっと早くごぼう茶を飲める作り方はないの?」という疑問を抱えている方は、電子レンジを使うのが良いかもしれません。

 

クッキングペーパーの上にささがきにしたごぼうを並べ、大よそ500Wで2分間程度熱し、ひっくり返して同じように2分間程度熱しという行為を3回繰り返せば、全体を均等に水分を飛ばすことができます。

 

最後に、フライパンで乾煎りして、ごぼうの色が変色しパリパリの状態になるまで弱火で10分間程度加熱し、急須に入れてお湯を注げばオリジナルのごぼう茶が出来上がりです。

 

多めに淹れて冷蔵庫に保管しておき、アイスのごぼう茶を飲むというのも選択肢の一つなのではないでしょうか。

 

このように作り方は非常に簡単となっておりますし、ごぼうさえ用意すれば他の食材が必要ないというところが大きなメリットだと説明できます。

 

ただし、自宅で作ったごぼう茶は賞味期限が短く、密封容器に保管をしていたとしても頻繁に蓋を開けていれば直ぐに湿気が入るため、長い期間に渡って飲んでいきたいというのであれば、通販の山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶がおすすめです。

 

山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の場合、封を開けなければ2年間という長い賞味期限となっているので、ゆっくりと美容と健康を促していきたい方は山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

 


「ごぼう茶の作り方」に関するページ