ごぼう茶と妊婦

ごぼう茶と妊婦について

「妊婦さんはごぼう茶を飲んでも大丈夫なの?」という質問をされる女性の方はいらっしゃるはずです。

 

確かに、お腹の中に大事な赤ちゃんを宿している妊婦さんは、自分の身体はもちろんのこと、胎児への影響も常日頃考えていかなければならないので、口のするもの全てに注意が必要となります。

 

もちろん、あまりにも神経質になりすぎるとストレスが溜まってしまいますし、「赤ちゃんが無事に生まれるのか?」という不安が重なり合って精神的に大きな負荷が加わってしまうかもしれません。

 

それでも、ある程度は気を遣わなければならないのが妊婦なので、ごぼう茶を飲んでも良いかどうか気になるはずです。

 

製品によって農薬の濃度は異なるので一概には言えないものの、ごぼう茶には麦茶やルイボスティーと同じようにカフェインが一切含まれていないので、妊婦さんでも授乳中の女性でも安心して摂取できます。

 

それに、低カロリーなのにも関わらずごぼう茶には栄養分が豊富に含まれておりますし、便秘の解消に役立つ食物繊維も多いので体調管理が欠かせない妊婦さんに最適な飲み物なのです。

 

カフェインは身体に有害な成分というわけではないものの、妊娠後期は特に代謝速度が約3分の1になり、体内に長く留まることによって胎盤を通じて胎児にカフェインが移行してしまいます。

 

そして、代謝機能が整っていない胎児の場合、カフェインが体外に排出されずに体内に留まり、死産や流産のリスクを高めてしまうため、過剰摂取は控えなければなりません。

 

その点、ノンカフェインのごぼう茶であれば、このようなリスクを考えずに済むので、妊婦さんは日々の健康のためにも、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、上記ではごぼう茶は妊婦さんに適した飲み物だということを説明したのですが、「あまり良くないのではないか?」という意見も飛び交っております。

 

それは、野菜のごぼうには子宮や卵巣を刺激したり、収縮させる作用が働いたりするのが大きな原因で、胎児へも少なからず悪影響があるのではないかと考えられているのです。

 

それに、いくら健康に良いと言われているごぼう茶でも、過剰にサポニンを取り入れていると副作用が引き起こされるリスクが高まるので、注意した方が良いでしょう。

 

ただし、これはあくまで漢方の世界での考え方であり、飲み方に注意して摂取していれば、ごぼう茶で健康が阻害されるということはあり得ないのです。

 

それでも、妊婦さんは最善の注意を払って日常生活を送っていかなければならないので、心配ならばかかりつけの医師にごぼう茶を飲んでも良いかどうか尋ねてみてください。

 


「ごぼう茶と年齢」に関するページ