ごぼう茶が宿便の解消に効果的な理由

宿便とは?腸内に溜まる原因は?

宿便とは腸壁にこびりついて残っている便を指し、残留便とも呼ばれています。

 

「腸内にうんちが残っているなんて気持ち悪い・・・」とイメージしている方は多いものの、健康的な排便リズムの人でも3s〜4sの宿便はありますので決して珍しくありません。

 

便秘と似たような意味合いで使われることがありますが、宿便とは次の違いがあります。

 

便秘:本来は排出されなければならない便が無駄に残っている

宿便:腸壁に便がこびり付くのは自然現象なので気にしなくても良い

 

便秘が原因で吐き気や腹痛などの症状が引き起こされたとしても、宿便は健康的な排便サイクルの人でもありますので神経質になる必要はないですね。

 

しかし、あまりにも多くの宿便が溜まっていると体調不良に陥りやすく、考えられる原因を幾つか挙げてみました。

 

・食生活が乱れていて食事の栄養バランスが偏っている

・運動不足が続いていて長期的な便秘に悩まされている

・加齢が原因で腸のぜん動運動が活発に行われていない

・精神的なストレスが溜まって自律神経の働きが乱れている

 

体内の老廃物や毒素は早めに追い出した方が良いので、宿便が溜まっている人は早めの対策が必要ですよ。


ごぼう茶が宿便の解消に効果的な理由をチェック!

宿便を解消したいと考えている方には、健康茶のごぼう茶の摂取をおすすめします。

 

近年では若返り効果を促したり美肌を維持したりする目的で、ごぼう茶を飲み始める女性が増えました。

 

しかし、便秘や宿便の解消にもピッタリの飲み物で、ごぼう茶が腸内へとどのように働きかけてくれるのか見ていきましょう。

 

・豊富な水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が腸を適度に刺激して便の排出を促してくれる

・オリゴ糖の力で善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内を良好な環境で整えてくれる

・利尿作用の高いイヌリンの効果で体内の老廃物や毒素をスムーズに排出できる

・単純に水分を体内へと補給することでこびり付いた便を自然と取り除ける

 

あまりにも頑固な宿便が腸壁にこびりついている場合、ごぼう茶を飲んでも劇的な変化を得ることはできません。

 

それでも、腸内環境を内側から整えられる食物繊維やオリゴ糖などの栄養素が豊富に含まれているのは魅力的なポイントですね。

 

「宿便の量が少ない」⇒「体内に溜まっている老廃物が少ない」⇒「宿便が多い人よりも健康」と考えることができ、腸内環境が整っていれば免疫力も上がって病気を患いにくい体質になります。

 

そこで、「ネット通販では種類が多すぎてどのごぼう茶を飲めば良いのか分からない・・・」と悩んでいる方には、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶がおすすめです。

 

若返りの研究を行う南雲先生の監修によって作られたごぼう茶ということで、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶はネット上の口コミで高い評判を獲得しました。

 

国産のごぼうを使った安全な健康茶というメリットもありますので、詳細は山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の公式サイトで確かめてみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


「ごぼう茶のメリット」に関するページ