ごぼう茶とインフルエンザ

ごぼう茶とインフルエンザについて

ごぼう茶は冬場になって流行りだすインフルエンザ対策として適した飲み物で、それはサポニンと呼ばれる成分が含まれているからです。

 

サポニンには高い抗酸化作用があり、体内の風邪やインフルエンザのウイルスを撃退し、免疫力を高めてくれます。

 

正常な状態であれば問題はなくとも、疲れやストレスなどで免疫力が弱まっていると、インフルエンザにかかりやすくなるため、免疫力を高めるという対策は重要なのです。

 

もちろん、既にインフルエンザを患っている方がごぼう茶を飲んだとしても、治療効果が得られるというわけではありませんが、予防の一つとして行うのは大事だと言えるのではないでしょうか。

 

サポニンは老化の原因である体内の活性酸素を排除してくれますし、肌トラブルを修復したり炎症の治癒を早めたりといった効果も期待できる成分となっております。

 

それに、抗アレルギー作用によって、アトピーやアレルギーの症状を和らげることもできるので、インフルエンザ対策だけではなく、美容と健康に最適な飲み物なのです。

 

自宅でもスーパーで販売されているごぼうを使ってごぼう茶を作れるものの、市販で販売されている製品を購入すれば、既に粉末やパウダー状になっているため、お湯と混ぜ合わせて簡単に摂取していくことができます。

 

このサイトでは、南雲医師が監修している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をご紹介しており、30種類から選びぬかれたプレミアムなごぼうが使われているので、是非一度飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼう茶を飲むだけでは完全にインフルエンザの予防をすることができないので、その他の対策も同時に行っていく必要があります。

 

インフルエンザは風邪と似た症状ということで、「実はあまり大した病気ではない」と考えている方がいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ただの発熱や局所症状が引き起こされる風邪とは異なり、インフルエンザは38度以上の発熱や、頭痛や関節痛といった全身症状が生じやすく、急激に発症するという特徴があるのです。

 

風邪よりも圧倒的に辛い症状ということは間違いないので、インフルエンザウイルスを体内に侵入させないためにも、流行りやすい1月や2月は特に手洗いうがいを心掛けましょう。

 

ウイルスの侵入を和らげ、同時に冷たい空気の刺激から避けられるマスクの着用や、適度な運動もインフルエンザの予防として適しております。

 

適度に身体を動かす運動を毎日行っていると、血流がだんだんと良くなり、免疫細胞が全身をくまなくパトロールしてくれるため、運動不足に陥っているという方は要注意です。

 


「ごぼう茶のメリット」に関するページ