ごぼう茶で二日酔いの症状を和らげられる理由

二日酔いで引き起こされる症状

二日酔い

お酒を飲む方であれば、一度は二日酔いの症状で悩まされたことがあるのではないでしょうか。

 

二日酔いとはアルコールの過剰摂取により、エタノールがアセトアルデヒドに代謝されて体内にまだ残っている状態を指しますね。

 

アセトアルデヒドが分解されるまでのスピードには違いがありますので、二日酔いになる人とならない人がいるわけです。

 

二日酔いになると、具体的にどのような症状が引き起こされるのか見ていきましょう。

 

・頭痛

・吐き気

・嘔吐

・喉の渇き

・倦怠感

・疲労感

・身体の震え

・悪心

 

お酒を飲んだ翌日に、「気持ち悪い・・・」「頭が痛い・・・」といった症状が出たら二日酔いだと考えられます。あくまでも一時的な症状ですので、時間の経過で回復するケースがほとんどです。


ごぼう茶で二日酔いの症状を和らげられる理由について

全ての方が同じような効果を期待できるというわけではありませんが、ごぼう茶を飲むことによって二日酔いの症状を多少なりとも和らげることができます。

 

アルコールを分解する成分などは含まれていないものの、ごぼう茶の中には栄養分がたっぷりと配合されていますので、その影響によって吐き気や頭痛といった二日酔いの症状を緩和できる仕組みです。

 

二日酔いの状態でカフェインが含まれた飲料などを飲むと、症状が悪化する恐れがありますので、身体に良い働きをしてくれるごぼう茶を飲んだ方が良いということはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

そもそも、二日酔いは前日に大量のお酒を飲み過ぎたことが大きな原因で、個人によって異なりますが上記で説明した不愉快な自覚症状が引き起こされます。

 

以前までは、血液の中のアセトアルデヒド値の上昇が原因だと考えられていたものの、最近の研究によって血中のカテコールアミンの量が上昇したことが引き金だという研究結果が出ました。

 

ごぼう茶を飲むことで二日酔いの症状が和らいだとしても、過剰なアルコールの摂取を控えていれば不快な症状に悩まされることはありませんので、飲み過ぎないようにするのが二日酔いの最適な予防法ですよ。

 

どの製品でも含まれている栄養分に大きな差はないのですが、国産のごぼうを使った山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は品質管理に気を配っていますので、他の製品よりも安全性が高くなっています。

 

ごぼうの中に含まれている栄養素のパワーで若々しく健康的な毎日を送るのも決して夢ではありませんので、ネット通販で山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を購入して飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


二日酔いを和らげる対策はこれだ!

二日酔いになってごぼう茶を飲んだとしても、即効性のある医薬品ではありませんので、症状が改善されないことはあります。

 

そんな時は、冷たい水や牛乳を飲んで体内のアルコール濃度を薄めたり、トレーニングジムで汗を流したりといった対策を行いましょう。

 

お酒を飲み過ぎた時に水を大量に飲んだ方が良いのは有名な話で、有害物質のアセトアルデヒドを中和してくれますよ。

 

また、アセトアルデヒドの代謝にはナイアシン(ビタミンB3)が欠かせませんので、この栄養分が含まれた桃などを食べるのも良いかもしれません。

 

「お酒の飲み過ぎには注意しよう」と自分で意識していたとしても、付き合いで飲まなければならないという状況はありますので、「飲む前にウコンや栄養ドリンクを摂取する」「事前に胃の中に食べ物を入れて負担を軽くする」「睡眠不足の状態でお酒を飲まない」という予防を心掛けてください。

 


「ごぼう茶のメリット」に関するページ