授乳中のごぼう茶ダイエットは大丈夫?

授乳中に太る原因は?

基本的に授乳中は赤ちゃんへと母乳を与えているため、太りにくい時期だと考えられています。

 

しかし、女性によっては「出産したけれど体重が減らない」「妊娠前の体重に戻らない」「自然に痩せることができない」といった悩みを抱えやすいのです。

 

以下では授乳中に太る原因を幾つか挙げてみました。

 

・普段よりも必要な水分量が増えて糖分を含む甘いジュースばかり飲んでいる

・赤ちゃんを主体とした生活を送るようになって運動不足に陥っている

・モリモリと食べることで育児のストレスを発散している

・満足に食事の時間を確保できなくて自然と早食いになっている

・妊娠中に安静にしていたので基礎代謝が下がっている

 

日々の生活習慣と密接な関係性があり、不規則な食生活や運動不足が太る大きな原因です。

 

ただでさえ赤ちゃんに合わせた生活を授乳中は送らなければならず、太りやすい原因が幾つも潜んでいることを自覚しておきましょう。


授乳中のごぼう茶ダイエットは大丈夫なの?

授乳中にごぼう茶ダイエットへと取り組んでも良いのかどうか疑問を抱えている方は少なくありません。

 

結論から言えばごぼう茶ダイエットは選択肢の一つで、身体へと大きな負担が加わりにくいからです。

 

授乳中に体重を減らしたいからといって炭水化物を必要以上に抜いていたり、一切食べ物を口にしない断食に取り組んでいたりといった無理なダイエットを続けていると様々な弊害があります。

 

・食事から取り入れる栄養素の量が減少して体調不良で悩まされる

・母乳の質が著しく低下して赤ちゃんの成長に支障が出る

・空腹によるイライラと子育てによる精神的なストレスが溜まって爆発する

 

上記のようなデメリットがあり、妊娠中と授乳中は特に食事制限によるダイエットを行ってはいけません。

 

その点、普段の生活にごぼう茶を取り入れるだけであれば身体への負担は少なく、置き換えダイエットではなく今までと同じ食生活を送っても良いのです。

 

そもそも、なぜごぼう茶を飲むことでダイエットに繋がるのか詳しい理由について見ていきましょう。

 

・豊富に配合されている食物繊維のイヌリンが便秘の解消の手助けとなる

・サポニンが体内の脂肪やコレステロールの分解をサポートしてくれる

・腸内が綺麗になって新陳代謝が向上して痩せやすく太りにくい体質を維持できる

 

山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶

無理に食事量を減らさなくてもごぼう茶を自分の好きなタイミングで摂取するだけですし、授乳中の女性はホルモンバランスの変化によってただでさえ便秘で悩まされやすいからこそ食物繊維を豊富に含むごぼう茶は適しています。

 

医薬品ではなく健康茶なので身体への悪影響は一切なく、病院でもごぼう茶が勧められているのが何よりの証拠です。

 

しかも、妊婦さんの段階からごぼう茶を飲んでいる女性は多く、血液の流れをサラサラにして母乳が詰まる乳腺炎を未然に予防できます。

 

幾つもの効果を得られるのがごぼう茶なので、授乳中にダイエットへと取り組みたい女性には山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶がおすすめです。

 

国産のごぼうを使っているので安全性が高く、インターネットの口コミでも高い評価を得ているので一度山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


ごぼう茶と同時に運動も取り入れよう

ごぼう茶ダイエットはあくまでも痩せるサポートをするだけなので、飲み続けているからといってみるみるうちに体重が落ちていくわけではありません。

 

しかも、効果を実感できるまでには意外と長い期間がかかるので、ごぼう茶に頼るだけではなく適度な運動も毎日の生活で取り入れるべきです。

 

子育てで時間を取れない女性は多いかもしれませんが、1日に20分間程度のウォーキングでも消費エネルギーを増やせますし、自宅でスクワットや腹筋などのエクササイズもできるので一度試してみてください。