ごぼう茶を飲んでうつ病を解消できる?

うつ病の代表的な症状を挙げてみた

うつ病の代表的な症状を挙げてみた

うつ病を発症すると、肉体的にも精神的にも様々な症状が出ます。

 

一度発症すると治りにくいのが厄介なところで、数年間以上に渡って苦しんでいる方は少なくありません。

 

そこで、以下ではうつ病の代表的な症状を挙げてみました。

 

・気分が落ち込んで朝になるとやる気がなくなる

・何事に対してもモチベーションが湧かなくなる

・悲しい気持ちになって涙が出てくる

・集中力が低下して仕事の効率が落ちる

・身だしなみやオシャレに関心が湧かない

・今まで好きだったことに対して興味がなくなる

・夜中に何度も目が覚めたり寝付きが悪かったりする

・疲労や倦怠感が長期間に渡って残っている

・心臓がドキドキとする(動悸がする)

 

「うつ病の症状は○○○」と決められているわけではありません。

 

人によって引き起こされる症状には違いがありますが、普段とは異なる以上で悩まされる点では一緒ですね。


ごぼう茶を飲んでうつ病を解消できるの?

ごぼう茶を飲んで精神的な病気のうつ病を解消できるのかどうか、疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

 

ごぼう茶を飲んだ人の口コミを見てみると、次のような意見が出ています。

 

・何となく気分が晴れている気がする

・うつ症状が大分良くなった

・身体的な不調がなくなっている

 

もちろん、ごぼう茶は医薬品ではなく健康茶ですので、うつ病を直接的に治すような効果はありません。

 

しかし、ごぼう茶を飲んでうつっぽい状態を改善して正常な状態に近付けることは十分に可能で、その理由をまとめてみました。

 

・ごぼう茶の中に含まれているアルギニンが女性ホルモンのバランスを整える

・お通じを良くしたり便秘を解消したりして自律神経のバランスが整う

・身体を内側から温めるのに効果的で、冷え性の解消に繋がる

・温かいごぼう茶を飲むことでリフレッシュ効果やリラックス効果を得られる

 

ごぼう茶自体がうつ病の症状に働きかけるのではなく、うつっぽい症状の原因となるホルモンバランスや自律神経の乱れを整えられるからこそ精神的な不調が和らぐのです。

 

冬場の寒い時期に温かい飲み物を飲み、「心が安らぐな〜」「何だか落ち着くな〜」と感じたことのある方は多いのではないでしょうか。

 

この作用に加えてごぼう茶は便秘を解消したり冷え性を和らげたりといった働きが期待できますので、うつ病の人にこそ飲んで欲しい飲み物ですね。

 

ごぼう茶はノンカフェインの飲み物ですので、自律神経の交感神経や副交感神経が乱れるような心配はありません。

 

当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は国産の品質の高いごぼうを使って作られていますので、精神的な不調と身体的なトラブルを身体の内側から和らげたいと考えている方は是非一度飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


ごぼう茶は寝る前に飲んでも大丈夫なの?

うつ病の患者さんの多くは不眠症や睡眠障害を患っています。

 

「うつ病が原因で不眠症になる」「不眠症が引き金となってうつ病の症状が悪化する」など人によって異なりますが、次の4つの症状が引き起こされやすい点では一緒です。

 

・ベッドや布団の中に入っても中々寝付くことができない(入眠困難)

・目覚まし時計の時間よりも早くに目が覚めてしまう(早朝覚醒)

・夜中に何度も目が覚めてしまう(中途覚醒)

・睡眠時間を確保しているのに中々眠った気がしない(熟眠障害)

 

このような状態でカフェインを含むコーヒーや紅茶を飲むのは良くないのですが、ごぼう茶であれば寝る前に飲んでも大丈夫ですよ。

 

その理由はごぼう茶がカフェインを含まないノンカフェインの健康茶だからで、脳が覚醒するような心配はありません。

 

食事中でも寝る前でも好きなタイミングでごぼう茶を飲み、毎日の食事で足りない栄養素を補ってみてください。


「ごぼう茶に関する疑問」のページ