ごぼう茶と青汁の組み合わせはどう?

ごぼう茶と青汁の組み合わせはどうなの?

ごぼう茶と青汁の組み合わせはどうなの?

日本で販売されている健康ドリンクは、「ほうじ茶」「ごぼう茶」「ルイボスティー」「青汁」などたくさんの種類があります。

 

そこで、「ごぼう茶と青汁の組み合わせはどうなの?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

 

想像してみるとかなり不味そうですが、青汁には次のようにたくさんのメリットがあります。

 

・ビタミンやミネラルなど豊富な栄養素を摂取できる

・忙しい人でも手軽に野菜を取り入れることができる

・ダイエット効果やデトックス効果、アンチエイジング効果が期待できる

 

若返り効果やアンチエイジング効果を持つごぼう茶と青汁を組み合わせれば、更に美容効果や健康作用は高まるわけですね。

 

実際にごぼう茶のあじかんショップでは、何とあじかんのおいしい青汁(焙煎ごぼう入)が販売されていました。

 

ごぼう茶と青汁の良いとこ取りをした理想の飲み物で、若い女性を中心に飲んでいる人は増えています。

 

他の製品と違い、あじかんのおいしい青汁(焙煎ごぼう入)にどのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

・ケールや明日葉など青汁の代表的な原材料ではなく、「ごぼう」「桑葉」「胡麻若葉」の3種類の野菜をふんだんに使っている

・「ビタミン」「ミネラル」「ポリフェノール」「食物繊維」「GABA」と栄養価が非常に高い

・焙煎ごぼうを加えることで青汁独特の臭みや苦さを抑えて美味しさをアップさせている

・個別包装のスティックタイプが採用されているため、外出先に持ち運んで好きなタイミングで飲むことができる

 

美容や健康の効果が高いだけではなく、飲みやすさや美味しさにも拘っているのがあじかんのおいしい青汁(焙煎ごぼう入)の魅力ですよ。

 

実際にあじかんのおいしい青汁(焙煎ごぼう入)を飲んだ人は、「想像以上に美味しかった」「ゴクゴクと飲むことができた」「青汁の青臭さがなかった」と口コミを残していました。

 

ごぼう茶と青汁の両方を同時に飲みたい方は、あじかんのおいしい青汁(焙煎ごぼう入)を選んでみましょう。


あじかんのおいしい青汁が飲みにくい人には普通のごぼう茶がおすすめ!

あじかんのおいしい青汁は市販されている青汁とは違い、遥かに飲みやすくなっています。

 

苦さや青臭さが解消されていますが、それでも青汁自体が苦手という方は少なくありません。

 

そこで、あじかんのおいしい青汁が飲みにくいと感じている人には、普通のごぼう茶がおすすめです。

 

同じあじかんショップからは、国産の品質の高いごぼうを使った山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶が販売されています。

 

・高血圧やメタボなどの生活習慣病が気になる

・便秘を解消してスッキリとした朝を迎えたい

・ハリのある若々しい毎日を送りたい

 

上記のように考えている人に山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶はピッタリで、青汁のような苦味や臭みは一切ありません。

 

ごぼうの香ばしい香りを活かした健康茶ですので、小さな赤ちゃんや子供でもゴクゴクと飲むことができます。

 

ヨーロッパで最も権威ある12の調理師教会と国際ソムリエ協会の審査により、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は優秀味覚賞3つ星を受賞しました。

 

国際的にも確かな評価や信頼を獲得しているごぼう茶ですので、「別に青汁を無理に加える必要はないかな〜」と考えている方は山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


「ごぼう茶に関する疑問」のページ