ごぼう茶と糖質

ごぼう茶と糖質について

ごぼう茶の中にはビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素がたっぷりと含まれているものの、糖質はほとんど配合されておりません。

 

もちろん、糖質は身体に欠かせない栄養分の一つなのですが、ごぼう茶は糖分を極力カットしているので、過剰摂取の心配は全くないというわけです。

 

それに、悪玉コレステロールの排出を促してくれるサポニンが含まれているので、ダイエットのサポートをしてくれます。

 

「痩せやすい体質を維持したい」「メタボを解消したい」という方にごぼう茶は適しているので、毎日の生活の中に取り入れた方が良いというわけです。

 

また、糖質を多く含んでいるお菓子や脂分の多い肉類ばかり食べているという方は、糖尿病を患うリスクが増し、健康を害す可能性があります。

 

そんな時に適した飲み物がこのごぼう茶で、水溶性食物繊維のイヌリンが腸内で分解された後にオリゴ糖になって環境を整え、糖質の吸収を緩やかにして血糖値が急上昇しないように抑えてくれるのです。

 

甘いものを過剰に摂取しないように気を配るのも大事なのですが、糖尿病の予防にも繋がるということで、ごぼう茶は多くの方から愛されているのではないでしょうか。

 

このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は、自然の食材だけを使った飲み物で、どんな体質の方でも安心して摂取していくことができます。

 

寒い冬場は温かいごぼう茶を、そして暑い夏場には冷たい水出しごぼう茶をというように、季節によって飲み方を変えられるので、是非一度購入してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼう茶を飲むことによって糖質の吸収スピードを緩やかにして、血糖値の上昇を防げるため、糖尿病の予防に繋がると上記で説明致しました。

 

しかし、ごぼう茶を飲んでいればそれで良いというわけではなく、血糖値が上がりにくい食品を毎日の食生活で選んでいかなければならないのです。

 

基本的に、脂分が多く含まれている肉類やパンといった炭水化物は血糖値が上がりやすく、野菜類やキノコ類は上がりにくいと考えられております。

 

肉類や炭水化物を全く摂取しない方が良いというわけではないものの、これらの食品に偏った食事ばかり摂取しているという方は、糖尿病を患いやすいので十分に注意しなければなりません。

 

そこで、糖質が含まれたものをなるべく控えるとともに、血糖値が上がりやすい食品を食べる前に、食物繊維がたっぷりと含まれたごぼう茶を飲むようにしてください。

 

ごぼう茶の代わりに、野菜類や海藻類を食べて、血糖値の上昇を緩やかにするのも一つの選択肢だと言えるでしょう。

 


「ごぼう茶の栄養素」に関するページ