ごぼう茶と鉄分

ごぼう茶と鉄分について

ごぼう茶の中には様々な栄養素が含まれており、その一つが鉄分となっております。

 

鉄分とは酸素の運搬などに働きかけている重要な栄養素の一つで、「体温の維持」「成長の促進」「疲労の防止」といったたくさんの効能があるのです。

 

成人の体内には約4g程度の鉄分があると言われているものの、現代人の食生活において不足しやすいため、意識的に摂取していかなければなりません。

 

魚や豚のレバーの中に含まれているヘム鉄と、植物などに配合されている非ヘム鉄の2種類に大きく分けられており、この両方をバランス良く摂取していくことで健康体を維持できます。

 

生理ではこの鉄分を消費しやすく、女性の約3分の1から2分の1の方は鉄分欠乏症だというデータがあるので、毎日の食生活で上手く取り入れることができないのであれば、ごぼう茶を飲んで摂取していくべきです。

 

鉄分の不足によって、「貧血が引き起こされて動悸がする」「顔色が悪くなる」「神経過敏になってウイルスによる感染症にかかりやすくなる」という特徴があるので、きちんと取り入れなければならないということがお分かり頂けるでしょう。

 

もちろん、ごぼう茶だけでは1日に必要な鉄分を摂取することができないので、インスタント食品などに偏った食生活を改め、バランスを重視していかなければならないのです。

 

とは言え、ごぼう茶は鉄分以外にも、様々な栄養素を摂取していくことができる素晴らしい飲み物なので、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

このメーカーでは残留農薬のチェックを怠っておらず、安全に飲んでいくことができる製品なので、是非山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を購入してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、鉄分は食生活に気を配っていたとしても、不足しやすい栄養素の一つなので、サプリメントに頼るのは一つの選択肢かもしれません。

 

ビタミンCと一緒に取り入れると、吸収率が上がるという特徴があるので、2つの栄養素が含まれたサプリメントを摂取していれば、健康を気遣えるというわけです。

 

成長期の子供や妊娠中の女性、慢性的に貧血気味の方は鉄分が不足している可能性が非常に高いので、何かしらの方法で鉄分を取り入れていく必要があります。

 

ただし、いくら栄養分がたっぷりと含まれているからといって、ごぼう茶だけで鉄分を補給しようとするのは非常に危険です。

 

実は、ごぼう茶の中には食物繊維もたっぷりと含まれているのですが、あまりに過剰に摂取していると、カリウムや鉄分といった栄養素の吸収が阻害されてしまいます。

 

しかも、飲み過ぎによってお腹が緩くなり、腸内環境が乱れて下痢を引き起こしやすくなるので、程ほどの摂取を心掛けるべきです。

 


「ごぼう茶の栄養素」に関するページ