ごぼう茶とサポニン

ごぼう茶とサポニンについて

ごぼう茶の中に含まれている注目成分の一つがサポニンで、これはポリフェノールの一種となっております。

 

ごぼうの皮の中に含まれているサポニンは、強力な殺菌作用を持ち合わせており、界面活性作用によって体内の悪玉コレステロールを分解して排出してくれるため、体内を綺麗に保ったりダイエット効果を促したりしてくれるのです。

 

「私は毎日ごぼうを食べているからサポニンを取り入れている」と考えている方は、非常に多くいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ごぼうを料理で使用する場合、皮を剥いているケースが非常に多く、サポニンを取り入れられていないことが多々あります。

 

その点、市販で販売されているごぼう茶は皮ごとふんだんに使用しているため、飲み物を飲むだけで摂取しにくいサポニンを体内に取り入れられるというわけです。

 

それに、ごぼうを毎日使って料理をするのは意外と難しく、現実的ではないので、飲み物のごぼう茶を飲むのが簡単な方法だと言えるのではないでしょうか。

 

地中は細菌が非常に多く、想像しているよりも遥かに劣悪な環境なのですが、そんな状況でもごぼうが育つのは、殺菌作用のあるサポニンが含まれているからだと説明できます。

 

そんなサポニンは、人間の体内に入っても大きな効果を発揮するため、ダイエット効果を促したり高脂血症の予防をしたりするために、ごぼう茶を飲んだ方が良いというわけです。

 

市販で販売されている製品の中で、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は、高級なゴボウを使った良質なごぼう茶なので、是非一度飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼう茶の中にたっぷりと含まれているサポニンは、上記でご説明した効能以外にも、「身体を内側から温める」「血液をサラサラにして炎症を抑える」「免疫力を高める」「傷を癒す」といった効果が期待できます。

 

美容と健康に最適な栄養分ということは間違いないので、快適な生活を送っていくためにも、毎日の生活にごぼう茶を取り入れた方が良いというわけです。

 

ただし、サポニンは毒性の強い成分ですし、アクの強い食品はあまりにも多く摂取していると、胃もたれや消化不良の大きな原因となります。

 

身体に害のある成分というわけではありませんが、サポニンの過剰摂取によって悪影響が引き起こされるかもしれないので、ごぼう茶の飲み過ぎには注意しなければならないのです。

 

どんなに健康に良い栄養分だったとしても、多く摂取すれば良いという単純な話ではないということを頭に入れておきましょう。

 


「ごぼう茶の栄養素」に関するページ