ごぼう茶とポリフェノール

ごぼう茶とポリフェノールについて

ごぼうを使って料理しているという方は、水に晒してアク抜きを行っているはずです。

 

しかし、このごぼうの皮にはポリフェノールの一種であるサポニンと呼ばれる成分が含まれており、体内の酸化を防ぐ抗酸化作用が期待できます。

 

そのため、ごぼうを使って料理をする際も、自宅でごぼう茶を作るという場合も、ポリフェノールを摂取するためにアク抜きはなるべく行わない方が良いでしょう。

 

皮を剥いてごぼう茶を作っていると、このポリフェノール効果を最大限に引き出すことができず、美容と健康を促進できないということを頭に入れておくべきです。

 

ポリフェノールのサポニンの主な働きは、脂質や悪玉コレステロールのコントロールで、体内で無駄な老廃物を体外に排出してくれます。

 

いくら美容や健康に良い栄養素を体内に取り込んでいたとしても、老廃物が溜まっている状態では吸収効果を促すことができません。

 

そこで、老廃物の排出を促すポリフェノールの摂取が重要ですし、無駄なものが体内から少なくなれば、シワやシミといった肌の老化の予防にも繋がるのです。

 

ありとあらゆる野菜の中で、抗酸化能力に関してはごぼうはトップクラスなので、この野菜の栄養分が詰まったごぼう茶を毎日の生活に取り入れるのが適しております。

 

「種類が多すぎてどの製品を飲めば分からない」という方には、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶がおすすめです。

 

他の製品と比べて少々料金は高いものの、国産の最高級のごぼうを使っておりますし、製法にも十分に気を配っているメーカーなので、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を購入してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼう茶の中にはサポニンだけではなく、クロロゲンと呼ばれるポリフェノールの一種も含まれております。

 

クロロゲンも抗酸化作用に優れた栄養分となっており、白髪を防いで強い髪の毛を作ったり、肌荒れを改善したりと、美容と大きく関わっているのです。

 

このポリフェノールは、熱を与えたり焙煎したりという工程で抗酸化作用が更にアップすることが分かっているので、ごぼう茶の中には特に多く含まれているでしょう。

 

他の食品からは効果的に取り入れることができないかもしれないので、飲み物のごぼう茶に頼った方が良いということはお分かり頂けるはずです。

 

以上のように、ごぼう茶には様々な種類のポリフェノールが含まれており、ビタミンやミネラルといった人間が生きていくために欠かせない栄養素も豊富なので、是非一度飲んでみてください。

 


「ごぼう茶の栄養素」に関するページ