ごぼう茶に含まれているクロロゲン酸の効果

ごぼう茶に含まれているクロロゲン酸の効果をチェック!

ごぼう茶と聞き、「食物繊維が豊富」「ミネラルを摂取できる」というイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。

 

それは紛れもない事実ですが、実はポリフェノールも数多く含まれていますよ。

 

ポリフェノールとは複数のフェノール性ヒドロキシ基を持つ植物成分の総称で、ごぼう茶の中に入っている成分としてクロロゲン酸は代表的です。

 

クロロゲン酸の含有量が非常に多く、1日に1杯〜2杯ごぼう茶を飲むだけで良いので難しくありませんね。

 

そこで、以下ではクロロゲン酸にどのような効果があるのか幾つか挙げてみました。

 

・コーヒーポリフェノールとも呼ばれていて、強い抗酸化作用で肌の老化を引き起こす活性酸素を除去する

・体内で脂肪の蓄積を抑える効果を持ち、メタボリックシンドロームを未然に予防できる

・善玉コレステロールの機能を高め、余分な悪玉コレステロールを肝臓へと戻す

・運動不足や肥満など生活習慣の乱れによって引き起こされる糖尿病を予防する(インスリンの分泌を抑えて血糖値の上昇を防げる)

・中性脂肪の蓄積を減らしたり数値を下げたりすることで脂肪肝を予防する

 

上記のように、クロロゲン酸は美容と健康に欠かせない様々な効果を持っています。

 

中でもダイエット効果は非常に高く、脂肪が蓄積されるのを未然に防いでくれるわけです。

 

もちろん、あくまでも脂肪の蓄積を抑えるだけですので、ごぼう茶を飲んでクロロゲン酸を摂取して直ぐに体重が減るわけではありません。

 

しかし、体重を減らして理想的なスタイルや体型をキープするサポートはしてくれますので、クロロゲン酸は皆さんが思っている以上に重要な存在ですよ。


山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶にクロロゲン酸は入っている?

ごぼうの抗酸化作用は数多くの野菜の中でもトップクラスで、老化の原因となる活性酸素を和らげてくれます。

 

その効果を引き出しているのがクロロゲン酸で、当然のように山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶でも摂取可能です。

 

他のごぼう茶と違い、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶にどんな特徴があるのかまとめてみました。

 

・ナグモクリニックの南雲吉則先生の監修によって製造されている

・栄養価の高い国産のごぼうをふんだんに使っている

・甘みの強い青森県産ごぼうと香りが高い茨城産ごぼうを併用している

・5年間連続ごぼう茶売上第1位、販売累計数220万袋と確かな実績を得ている

・30包入りのごぼう茶で通常価格3,702円のところ、600円と格安の料金でお試しできる

 

格安の料金でどんな味なのか確かめることができますので、どの製品が良いのか迷っている方は山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


ごぼう茶の中に入っている他のポリフェノールは?

ごぼう茶の中にはクロロゲン酸だけではなく、他の種類のポリフェノールも入っています。

 

数多くの栄養素をバランス良く摂取できるため、健康や美容に良い飲み物だと注目を集めているのではないでしょうか。

 

以下ではごぼう茶の中に入っているポリフェノールの種類と効果について簡単にまとめてみました。

 

リグナン:イソフラボンと同じように女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする

サポニン:高い抗酸化作用で動脈硬化や老化から身体を守って健康体をキープできる

タンニン:緑茶にも多い渋み成分で、肌を引き締めたり下痢の症状を緩和したりする

 

これらのポリフェノールのバランスが良く、1日に適量のごぼう茶を飲むだけでOKですよ。

 

食生活が乱れている人は特に、「ビタミン」「ミネラル」「ポリフェノール」といった栄養素が不足しやすいので、健康茶のごぼう茶に頼ってみてください。

 


「ごぼう茶の栄養素」に関するページ