ごぼう茶とカフェイン

ごぼう茶とカフェインについて

カフェイン

これは多くの健康茶に言えることなのですが、ごぼう茶の中にはカフェインが含まれておりません。

 

ノンカフェイン飲料として非常に有名で、妊娠中や授乳中の女性でも安心して摂取できるというメリットがあります。

 

健康茶を飲むと考えたら、カフェインの有無は非常に重要な要素の一つですし、日中であればまだしも、就寝前に飲むことを考えたらカフェインが入っていない方が良いのです。

 

コーヒーや紅茶といった飲み物の中に含まれているカフェインは、適量であれば身体に良い働きをしてくれると考えられており、脳を覚醒させる作用があるので、寝起きや徹夜作業の時に適しております。

 

しかも、鎮痛作用まで期待でき、実際に頭痛薬や風邪薬にカフェインが活用されており、痛みを緩和してくれるのです。

 

しかし、カフェインをあまりにも摂取し過ぎていると、胃液の分泌が促されて胃痛が生じたり、交感神経に作用して血圧の上昇や心拍数の増加が引き起こされ、自律神経のバランスが乱れる大きな原因となります。

 

更に、妊娠中の方がカフェインを摂取すると、胎児に行き渡る酸素や栄養素が少なくなり、流産の大きな原因となるため、コーヒーや紅茶を飲むのではなく、ノンカフェイン飲料のごぼう茶を飲んだ方が健康的だと言えるでしょう。

 

もちろん、ごぼう茶であっても飲み過ぎには注意しなければなりませんが、普段の食生活で乱れた栄養素を補ってくれるので、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

栄養素がたっぷりと含まれているごぼうの皮ごと使用した飲み物なので、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶で健康や美容を気遣ってみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、少量であればカフェインは私たちの身体に有用に働くものの、あまりにも多く取り入れていると血管の収縮を促し、冷え性の症状が加速されます。

 

女性ホルモンのバランス崩れによって冷え性で悩まされている女性は意外と多く、更に冷たい飲み物ばかり飲んでいるという方は、自分から冷え性の症状を加速させているので注意しなければならないのです。

 

ごぼう茶であればカフェインが含まれていないですし、血液をサラサラの状態で流してくれるサポニンが配合されているため、冷え性の改善が目的で飲むのも良いかもしれません。

 

冬場の寒い時期に温かいごぼう茶を飲めば、心も身体も温まってリラックスできることは間違いないので、毎日の生活の中に取り入れてみてください。

 


「ごぼう茶の栄養素」に関するページ