ごぼう茶とメタボ

ごぼう茶とメタボについて

おへそ辺りの胸囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上なのに加え、HDLコレステロールの数値が40mg/dl未満だったり、血圧が上で130mmHg以上だったりした場合にメタボリック・シンドロームだと診断されます。

 

簡単に説明すると太っているということで、様々な生活習慣病を引き起こすリスクが増してしまうので、メタボリック・シンドロームの方はごぼう茶を飲んで予防するべきです。

 

実は、ごぼう茶はメタボの解消に効果的な飲み物で、含まれているイヌリンが血糖値の急激な上昇を防いだり、サポニンが悪玉コレステロールを分解して体外に排出してくれます。

 

短期間で肥満を改善するような効果はないものの、ごぼう茶を定期的に摂取することで身体を内側から綺麗にしてメタボを改善できるでしょう。

 

実際に、若返りの研究を行っている南雲医師は、数十年前まではメタボで悩まされていたのですが、ごぼう茶を飲むような生活に切り替えてからというもの、50代でありながらスリムな体型を維持できているのです。

 

コレステロールを排出するだけではなく、血流を改善したり自律神経のバランスを整えたりと、様々な効能が期待できるということもごぼう茶のメリットの一つかもしれません。

 

肉類に偏った食生活を送っていたり、運動不足に陥っているという方はメタボリック・シンドロームの予備軍なので、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の摂取をおすすめします。

 

若者でもコレステロールや中性脂肪を気にしなければならないので、早めに山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲むようにしてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、メタボリック・シンドロームはメタボリック症候群とも呼ばれており、食生活の欧米化によって近年になって日本でも注目され始めました。

 

もし、既にメタボで悩まされているという方は、ごぼう茶を飲むだけではなく、普段の食生活の見直しを行わなければなりません。

 

飽食の時代と言われている現代では、私たちの身の回りにメタボを引き起こすような食品が出回っており、自分の好きなものばかり食べているとどんどん体重は増加してしまいます。

 

「満腹感を得るためにたくさん食べなければならないのでは?」と考えている方はいらっしゃるはずです。

 

確かに、毎日を元気に過ごすためには食事から栄養素を摂取しなければならないものの、栄養素のバランスが悪かったりカロリーの高いものばかりを食べていては意味がないと説明できます。

 

そのため、肉類が中心の生活を早めに改善し、緑黄色野菜や果物も平均的に食べるようにするとともに、ウォーキングやジョギングで身体を動かすクセをつけましょう。

 


「ごぼう茶による影響」に関するページ