ごぼう茶と冷え性

ごぼう茶と冷え性について

手足の先といった身体の一部分や全体が冷えて寒気を感じる冷え性に悩まされているという方は多く、どちらかと言うと男性よりも女性が引き起こされやすいという特徴があります。

 

この冷え性はごぼう茶を飲むことで改善されると考えられており、温かい飲み物として飲むのが一般的だからという理由だけではなく、配合されているサポニンに秘密があるのです。

 

他のページでも詳しく説明したものの、サポニンには血液を固める作用がある血小板の働きを抑えるという効能があり、血液がサラサラに流れるように促してくれます。

 

冷え性を解消するには、「気・血・水」の流れをバランス良くしていかなければならず、特に体内の血液の流れを改善させる「血」が重要なので、ごぼう茶を飲むのが効果的ということはお分かり頂けるでしょう。

 

手や足といった先の部分まで血液がしっかりと流れるようになれば、冷え性の症状は少しずつ和らいでいくので、ごぼう茶を長期的に飲み続けることで悩まされにくくなるというわけです。

 

それに、身体を芯から温めるイヌリンと呼ばれる水溶性食物繊維の一種もごぼう茶には含まれており、この栄養分を冷え性の解消に役立ちます。

 

また、ビタミンEも冷え性の改善に欠かせない栄養素だと言われており、ごぼう茶にはそこまで多くの量が含まれていないので、他の食材から同時に摂取することでホルモンバランスが原因の致し方ない症状でも和らげられるかもしれません。

 

以上のように、女性にとって大きな敵である冷え性をごぼう茶で少しでも和らげることができるので、「どのような対策をすれば良いのか分からない」という方は、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を摂取するべきです。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、「冷え性は身体が冷えるだけだから大したことはない」と考えている方は多く、確かに病気とは違います。

 

しかし、「冷えは万病のもと」と言われており、神経痛・リウマチ・湿疹・倦怠感・下痢・胃腸病といった様々な不調を招く大きな原因となるのです。

 

しかも、体温が低下した状態が長く続けば免疫力も低下して病気にかかりやすくなりますし、新陳代謝が落ちて美肌を損ねる原因ともなるので、ごぼう茶を飲んで身体を冷やさないようなケアを行っていくことが健康に繋がります。

 

また、コーヒーや紅茶といったカフェイン飲料を飲んだり、喫煙の習慣があるという方は、血管を収縮させて結果的に冷え性に繋がる可能性が高いので注意が必要です。

 

タバコは身体に悪いというのは周知の事実ですし、私たちの身の回りにはカフェイン飲料が多く存在するので、ノンカフェインのごぼう茶を飲むように心掛けましょう。

 


「ごぼう茶による影響」に関するページ