ごぼう茶と女性ホルモン

ごぼう茶と女性ホルモンについて

女性の性腺に大きく関与しているのが女性ホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンの2種類が存在しており、上手くバランスをとりながら分泌されることで女性の身体の維持に繋がります。

 

この女性ホルモンのバランスが崩れると、「身体がスムーズに動かない」「手足の冷えが生じる」「生理不順に陥る」「便秘が酷くなる」「ニキビができやすい」というように様々な不快な症状が引き起こされるのです。

 

そこで、女性ホルモンのバランスを整えるためにも、毎日の生活の中にごぼう茶を取り入れるのが最適で、アルギニンと呼ばれる成分が大きな効能を発揮してくれます。

 

ごぼう茶の中に配合されているアルギニンは、ホルモンの生成や分泌を促すという働きがあり、この健康茶を飲むことで女性ホルモンの分泌が活性化されて、不快な症状を予防できるというわけです。

 

女性の場合は、毎月生じる生理によってホルモンバランスが崩れるので、ある程度の不快な症状は仕方ないものの、少しでも緩和するためにごぼう茶を飲むように心掛けた方が良いかもしれません。

 

それに、アルギニンには疲労回復や滋養強壮といった効果も持ち合わせており、その他の栄養素もたっぷりと含まれているので、美容と健康を促すことができます。

 

以上のように、ごぼう茶は女性の健康と美容に大きく関わっているので、当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の摂取がおすすめです。

 

国産の高品質なゴボウが使われており、お試しパックが600円というお手頃な価格も大きなメリットなので、是非一度あじかんのごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、女性ホルモンの中でも、エストロゲンが女性らしい身体を形成するために大きな働きをしており、この分泌を促すというケアが必要となります。

 

ごぼう茶を飲むだけでみるみるうちに分泌量が増えるという単純なものではないものの、女性ホルモンと深い関係性があるということは間違いないのです。

 

血液中に含まれているエストロゲンの値が高ければ高いほど、肌年齢は若く見えるので美容には欠かせないですし、生理不順を解決したり冷え性を解消したりと、良い影響が引き起こされるでしょう。

 

40歳を過ぎた女性は、卵巣の機能が低下することで女性ホルモンの分泌量が減り、閉経を迎えることでホルモンバランスが急激に崩れます。

 

その影響によって引き起こされる病気が更年期障害で、日常生活に支障が出る症状に悩まされることもあるため、ごぼう茶を飲んで少しでも予防をしておいた方が良いのです。

 

もちろん、若い女性でも過度のストレスや疲れにより、ホルモンバランスが崩れる原因となるので、自分の生活習慣のチェックを怠らないようにしてください。

 


「ごぼう茶による影響」に関するページ