ごぼう茶の賞味期限

ごぼう茶の賞味期限について

ごぼう茶の賞味期限がどのくらいなのか、疑問を抱いているという方は多くいらっしゃいます。

 

これは自分が利用する製品によって異なっており、粉末タイプやペットボトルタイプなどで賞味期限は異なるので、自分が飲んでいる製品の公式サイトにアクセスして確かめた方が良いというわけです。

 

とは言え、通販で販売されている製品であれば、基本的に賞味期限は長めに設定されているので、急いで飲まなければならないという心配はありません。

 

ペットボトルで販売されている製品も、そこまで長いというわけではありませんが、1ヶ月以上は持つはずなので、安心して飲んでいくことができます。

 

保存方法にもよって賞味期限は異なるので一概には説明できないものの、直射日光を避けて丁寧に保存していれば、賞味期限もそれだけ延びるというわけです。

 

このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は、未開封の場合に限って、賞味期限が2年間と非常に長く設定されております。

 

水分を5%以下にして乾燥させた製品となっており、細菌は増えるという心配は全くないので、防腐剤といったものを使用しなくても長い期間に渡って安全に飲んでいけるという仕組みです。

 

それに、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶が入っている袋は、アルミ製となっており脱酸素剤も併用しているため、酸化や風味の劣化を引き起こすことも絶対にないでしょう。

 

このように、他のどの製品よりも賞味期限が長く、美味しくごぼう茶を楽しむことができるはずなので、お試しパックが600円という安さで販売されている山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、市販で販売されているごぼう茶であれば、賞味期限はある程度長い期間に渡って設定されているのですが、自宅で作るという場合は想像以上に短いので注意が必要です。

 

「土がついている」「根のヒゲが少ない」「太さが均一で表面が硬い」というように、鮮度の良いごぼうをスーパーで選んで自宅でごぼう茶を作っていても、1ヶ月や2ヶ月も持つということはありません。

 

既に液体状にして冷蔵庫で保管を行っていたとしても、賞味期限はとても短いはずなので、なるべく早めに飲みきらなければならないというわけです。

 

ごぼう茶を飲むためだけに1から作るというのは思っている以上に大変なことなので、面倒だと感じる方は通販で販売されている粉末タイプの製品を購入するのが適しております。

 


「ごぼう茶のデメリット」に関するページ