ごぼう茶のデメリット

ごぼう茶のデメリットについて

ごぼう茶はダイエットをサポートしたり便秘を改善したりと、様々な効能が得られる健康茶で、食物繊維やミネラルを中心とした栄養素がたっぷりと含まれております。

 

医薬品ではなく健康食品なので、副作用といった類のものは基本的にないものの、幾つかのデメリットが存在するので注意が必要です。

 

そのデメリットの一つがごぼう茶の中に含まれているサポニンで、体内の悪玉コレステロールを排出してくれるため、ダイエット効果を促したり高脂血症の予防に繋がったりします。

 

しかし、過剰にサポニンを摂取していると、赤血球や細胞膜も分解されるケースがあり、吐き気や胃痛といった不快な症状が引き起こされるかもしれません。

 

それに、悪玉コレステロールだけ分解してくれるならばまだしも、サポニンによって善玉コレステロールも分解されるというデメリットがあるため、「美容や健康に良いからごぼう茶しか飲まない」というのは危険です。

 

腸内環境を正して便秘を改善するどころか、逆に下痢に悩まされることも十分にあり得るので、ごぼう茶は適量を摂取することが重要だと説明できます。

 

これはごぼう茶に限った話ではなく、栄養ドリンクやサプリメントといった類の製品にも言えることで、どんなに身体に良かったとしても、過剰摂取をしては本来の効能を得ることはできないでしょう。

 

また、ごぼう茶の中には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が含まれており、これが便秘を改善できると言われている所以なのですが、ごぼうに含まれている食物繊維は粗いため、大腸炎といった炎症を引き起こしている方が摂取すると、腸管が傷付けられてしまいます。

 

更に、ごぼうはキク科の植物で、個人の体質によってはアレルギー症状が出るかもしれないので、キク科のアレルギーを持っている方は飲んではいけないのです。

 

以上のように、身体に良いと言われているごぼう茶であっても、幾つかのデメリットが存在するということを頭に入れておかなければなりません。

 

「ごぼう茶を飲めば絶対にお通じが良くなる」「ごぼう茶を飲めば飲むほど若返りが期待できる」という安易な考えを持っていると、逆に自分の体調を崩す大きな原因となるのです。

 

とは言え、身体に悪い飲み物というわけではありませんし、アレルギーや摂取量に気を配っていれば安全に飲み続けることができるので、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

訳の分からないメーカーが作っている中国産の製品とは異なり、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は国産ですし、残留農薬などのチェックも怠っていないので、どんな体質の方でも安心して飲めるはずです。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

 


「ごぼう茶のデメリット」に関するページ