ごぼう茶と糖尿病

ごぼう茶と糖尿病について

簡単に説明すると、糖尿病とは血糖値の上昇により、意識障害や昏睡状態といった症状が引き起こされる病気のことを指し、糖質をコントロールしているインスリンが不足するため、重篤な合併症を引き起こすという特徴があります。

 

現代では若者でも糖尿病に掛かると言われており、決して高齢者だけの病気というわけではないので、毎日の生活にごぼう茶を取り入れて予防するべきです。

 

糖尿病にならないためには、食後の血糖値の上昇を防ぎ、上手くコントロールすることが大事で、ごぼう茶の中に含まれているイヌリンと呼ばれる栄養素が役に立ちます。

 

イヌリンは水溶性食物繊維の一種で腸内環境を整えて便秘の解消に役立つというわけではなく、血糖値の急上昇を防いでくれるので、血糖値管理に欠かせない成分だと言えるでしょう。

 

食べ物を食べてある程度血糖値が上がるというのは仕方ありませんが、それを少しでも緩やかにするためにも、食前や食中にごぼう茶を飲んでいれば糖尿病の予防に繋がるというわけです。

 

しかも、イヌリンは胃を通過すると吸水性が高いので水分を吸い込んで膨らみ、腸内の糖分を体外に排出してくれるという効能もあるので、健康効果が期待できるということは間違いありません。

 

もちろん、ごぼう茶だけを飲んでいれば糖尿病を予防できるという甘いものではありませんが、健康体へと導いてくれる飲み物ということには変わりないので、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

高齢者の方は新陳代謝が衰え、栄養分の吸収が上手く行われないかもしれないので、足りない栄養素を補うために山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、糖尿病の予防には上記で説明したように、ごぼう茶の摂取が非常に適しているのですが、これだけでは完全ではないので普段の食事に気を配る必要があります。

 

血糖値管理の基本は毎日の食事にあり、「野菜を多めに摂取する」「甘いものや脂っこいものを控える」「毎日決まった時間に食事をとる」「調味料を控える」というのが健康管理の基本です。

 

一般的に、「身体に悪そうだな〜」「健康が阻害されそうだな〜」という食生活を避けることによって、糖尿病を予防して健康体で過ごせるのではないでしょうか。

 

そして、運動不足の状態に陥っていると、痩せていても脂肪分の多い身体になり基礎代謝が減って中性脂肪が増え、糖尿病のリスクを高めることになるので、自分のできる範囲で定期的な運動を心掛けるべきです。

 


「ごぼう茶と病気」に関するページ